キーワード/健康観・健康概念、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)、健康行動、ライフスタイル、行動変容、アドヒアランス、身体活動・運動、ウェルビーイング、メンタル・ヘルス、ストレス・マネジメント、保健指導、動機づけ

早稲田大学講演会のお知らせ「ハイレベル・パフォーマンスを支えるスポーツ心理学 ―プロ・スポーツ,芸術,医療におけるパフォーマンス強化―」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以下の講演会についてお知らせします.

主催
早稲田大学人間総合研究センター
共催
早稲田大学スポーツ科学学術院GCOE
「アクティヴ・ライフを創出するスポーツ科学」
後援
日本スポーツ心理学会・日本スポーツ精神医学会

ハイレベル・パフォーマンスを支えるスポーツ心理学
―プロ・スポーツ,芸術,医療におけるパフォーマンス強化―

講師:Leonard D. Zaichkowsky博士(ボストン大学)
日時: 2009年8月21日午後5時から7時まで.
場所:早稲田大学早稲田キャンパス11号館501号室
http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html

Zaichkowsky博士は,私のボストン大学での恩師です.今回,日本体育学会広島大学の招待講演(私が司会)のために来日され,先駆けて早稲田大学でも講演を行っていただきます.参加費は無料ですので,多くの方に参加いただきたいと思います.以下,Zaichkowsky博士の紹介です.スポーツから音楽演奏家,外科医の手術にまで至るパフォーマンス心理学の内容を聞いてください.

Leonard Zaichkowsky, Ph.D.
Professor of Education & Graduate Medical Science
Boston University

所属(ポジション):
Professor of Education and Graduate Medical Sciences (joint appointment) and head of graduate training in sport and exercise psychology in “Mental Health & Behavioral Medicine” at the BU School of Medicine. Director of Sport Psychology Clinic in the BU Department of Athletics

博士の研究内容:
Dr. Zaichkowskyは,現在,ボストン大学において新しく開始された学際的プログラム「教育学研究科および医学部医科学研究科のジョイントプログラム」の教授であり,さらに医学部におけるメンタルヘルス・行動医学部門大学院スポーツ・運動心理学プログラムのヘッドである.彼は,長年,応用スポーツ心理学の領域で多くの研究を行ってきたが,とりわけ最近では,脳・神経科学の視点でパフォーマンス強化に果たす実践研究を行っている.その適用は,スポーツ分野だけにとどまらず,芸術や外科手術など,優れたパフォーマンスが必要な様々な分野にもおよんでいる.この研究では,例えば,対象者が感情を自己制御できるように新しいタイプのバイオフィードバック技術を駆使し,その研究対象となる類い希なるパフォーマーはレアルマドリードのサッカー選手(http://www.soccer-new-england.com/Real-Madrid-BU-MIT-Join-Forces.html)をはじめとして,デューク大学医学部における有名外科手術者にも及んでいる.もう一つの研究は,脳イメージ研究である.彼は,カナダ・ナショナルチームに帯同する心理学者と共同で,水泳選手がパフォーマンスに成功,または失敗するイメージを想起させ,その際の脳活動をfMRI スキャナーを用いて測定・分析し,水泳選手のパフォーマンス向上に役立てている.講演会では,Dr. Zaichkowskyがコーチ,体育教師およびスポーツ選手に影響をもたらす神経・脳科学研究における最新の知見をわかりやすく紹介してくれることを期待している.

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

以下の動画は,早稲田大学応用健康科学研究室(代表:竹中晃二)が製作したものです。イベントなどでお使いの場合は,その旨を明示してお使いください。

NEW

学校ポジティブ教育で用いる児童用資料

検索